20歳学生のかわいい子、くーちゃんと言うらしい子とラブホが有るとある駅で19時に待ち合わせ。
会うまでは安心できないのかな?
いや、ここまで明確に約束したら大丈夫だよね?
とか電車で移動しながら色々考えてしまった。
服装はお互い伝え合っているので、なんとか判ると思う・・・
むらむらとセックスしたいレベルが上がっていく(汗)
公衆の面前で半立ち(汗)
少し股間のふくらみが目立たないようにドア近くに立つ事にした。
19時の15分前、電車が着いて、待ち合わせ場所の改札出たところの宝くじ売り場付近へ向かう。
まだ来てないみたいだけど・・・
5分前・・・まだ来ないのかな〜と思っていると目の前にカワイイ女の子が立つ。
「くーちゃんさん?かな?」自然とそんな言葉が出た。
「○さん?良かった〜」と笑うくーちゃんさん。
「さっきメッセージ送ったのに〜」と。
携帯を見ると2〜3分前にメッセージが来てた。
とにかく目的は決まっている。

「どこか知っているところ有るんですか?」しゃべるたびにカワイイ・・・
この子とセックスが出来るんだよね。
ラブホに入ってシャワーを浴びようとすると、「ごめんね、先にもらってもいい?」と言うくーちゃん。
そういえば先に渡すのがマナーか。
お金を受け取った後「ありがと。先入っていいよ」と薦めてくれる。
そうだ、オレにはもう一つのハードルがあったんだ。
少し恥ずかしそうに包茎のアレを見せて「包茎だけどいいかな?」と。
そうしたらくーちゃん、苦笑いして、「ゴム着けてくれるから関係ないよ」と言った後、「あー、でも、フェラとかは無しでもいいかな?」と言った。
「うんうん、全然大丈夫だよー」とコッチも焦って返事。
やっぱり包茎をフェラって嫌なのかも?
ともかく、気持ちよくセックスさせてくれた。
出会い系で会ってセックスしたいっていう野望(?)はなんとか達成できた!
優良な出会い系サイトって、ホント、簡単にセックスできるね!